なぜ、創刊号にメイク特集?

emmis 創刊号、
なぜ「メイクの真実」(仮称)特集なの?

伊勢には、他にもいろいろなネタがあるのに。

 

 

前回の続きです。

 

 

編集&発行人の私は、学生からOL時代まで、いわゆるコスメフリーク(コスメ愛好家)として過ごしました。

 

美容雑誌を読むのが好きで、百貨店のコスメコーナーに通っては商品をチェックする、

そんなリズムを続けていました。

 

好きが嵩じて、美容系コンテンツの編集・企画・プロモーションのお仕事をしたり、

大手化粧品会社さんの企画担当の仕事をさせていただいたりもしました。

 

20代後半からは、健康などへの意識が変わり、

衣食住をできるだけナチュラルなものへと切り替え、

お肌や地球に優しいコスメの楽しさを伝えたくて、オーガニックコスメアドバイザーにもなりました。

 

でもメイクに関してだけは、大きな疑問があったんですね。

 

それは、

「自然派=すっぴんなの?」

という疑問。

 

当時、自然派の女性は、

すっぴん

もしくは、

すっぴんに見えるメイク(薄化粧)

が多数。

 

でも私はメイクが大好きだったので、

ナチュラル派でもメイクを楽しみたかった。

 

気持ちを無理矢理抑えてまで「メイクをしない」ことに、すごく違和感がありました。

 

「メイクって、不自然なこと?」

「メイクって、自分を偽ること?」

 

と考えたとき、

なんか違う気がする!と感じたのです。

 

「メイクって、楽しくて魔法みたい」

「メイクは、毎日を豊かにしてくれる」

「自然派でも、濃いメイクしてもいいやん!」

 

と感じていたから。

 

 

原住民が顔や身体にアートのように塗ったり

儀式やまじないのときに化粧を施したり

大昔から、人間は化粧をしてきました。

 

現代では、スポーツイベントでもボディペイントします。

 

化粧は、現代女性の娯楽だけではない。

人間の歴史にずっとあって、大切な場面で取り入れられてきた文化。

 

だから、

人がメイクをするには、何か本能的理由があるような気がしていました。

 

でもじゃあ、

 

「なぜ、メイクを楽しいと感じる女性と、嫌いと感じる女性がいるんだろう?」

 

 

そんな疑問がなぜか気になっていたのですが、納得できる答えは見つけられませんでした。

 

そんなこんなで、約7年の月日が経ち…。

 

ふと出逢ったのが「スピリチュアルメイク」。

 

 

直感で気になり、知ったその日に体験申込。

 

すると、スピリチュアルメイクには

「メイクの本質って何?」

へのヒントがたくさん散りばめられていたのです!

 

 

 

「自然派=すっぴん派ってこと?」

「メイクは不自然なこと?偽ること?」

「なぜ楽しく感じるの?苦手だと感じるの?」

 

すべての疑問が、すっきり。

 

結論から言うと、

 

自然派でも、濃いメイクを楽しんでいい!

化粧は、自然なこと!

 

です。

(その理由は、創刊号に書きます)

 

そして、メイク嫌いにも意外な理由がありました。

 

 

そんな流れもあり、

 

「いま本当に世の中に伝えたいことは?」

「あまり知られていないけど実は大切なこと、私が伝えられることは?」

 

と考えたときに、「メイクの本質」という特集に。

 

テクニック重視や装飾だけではない

「メイクの真理」に迫ってみたいと思います。

 

ぜひ知っていただきたいです、

メイクには、「あなたの真実」が隠されています!

 

メイクの見方を変えれば、自分の内面が紐解かれると思います。

 

必要としている女性に届くといいなと思います。

 

テーマが大きく深すぎる気もしますが…

どうなるのかワクワク、そわそわ。

 

発行は、2017年を予定しています。

 

 

2016-11-18 | Posted in Blog, NewNo Comments » 

関連記事